So-net無料ブログ作成
検索選択

山田稔 (映画監督)

山田 稔(やまだ みのる、1926年6月23日 - 1995年8月25日)は日本の映画監督。東京都牛込出身。旧制第一高等学校理科甲類卒業。来歴軍楽隊のコンダクターだった父の元、少年時代を旧満州で過ごす。高校卒業後は東宝を経て設立後間もない東映に入社し、数々の東映映画に助監督として参加。また1960年代後半からは平山亨プロデューサーの計らいでテレビ映画の監督を手がけるようになり、『悪魔くん』『ジャイアントロボ』『キャプテンウルトラ』などの作品で監督として携わった。まもなくフリーの監督となり、仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズなどといったキャラクター作品で膨大な作品を演出、数々の特撮作品を世に送るなど、ベテラン監督として長きにわたり第一線で活躍した。しかし、還暦を迎えた頃に喉に癌が見つかったことにより、当時ローテーションに入っていた『超新星フラッシュマン』の現場から離脱を余儀なくされた。その後1年間のブランクを経て復帰を果たすが、1988年に『超獣戦隊ライブマン』第11話「頭脳獣を噛んだ男」を最後に自ら引退を決意し、後進に道を譲った。1995年8月25日、喉頭癌のため69歳で死去。その後長らく引退の理由や病気の詳細については明かされることはなかったが、13回目の命日である2008年8月25日放送分の『おもいッきりイイ!!テレビ』(日本テレビ系)の「今日は何の日」にて彼の生涯が紹介され、その際前述の2点についても触れられることとなった。エピソード仮面ライダーシリーズでは通算112作品の監督を手掛け、石田秀範、長石多可男に次ぐ歴代3位の記録を持つ。スーパー戦隊シリーズでも通算161作品の監督を手掛け、東條昭平、長石多可男、渡辺勝也に次ぎ歴代4位の演出本数である。山田に助監督で就いたことのある元東映の堀長文は、近年雑誌のインタビューに答えた際「大人ものでうまい画を撮らせたら鷹森立一監督の独擅場だが、子供もので分かりやすい画を撮らせたら山田監督の右に出るものはいない」と山田を評している。当時ライダーシリーズでデビューを果たしたばかりの撮影技師・松村文雄は山田について「本当にやさしい人だった」と近年インタビューにて語っている。仮面ライダーシリーズでは伊上勝と組むことが多かった。また息子である井上敏樹とも一度限りでは有るが『光戦隊マスクマン』の第39話「出現!謎の?1マスク

<受験の危機管理>第1回 もし、受験票を忘れたら? 鉛筆は必ず持っていこう(毎日新聞)
レンチで脅した商店強盗、菓子投げられ退散(読売新聞)
自公、石川議員辞職勧告決議案提出で一致(産経新聞)
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張−東京地裁(時事通信)
<節分>福豆に1万5000人 大阪・成田山不動尊(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。