So-net無料ブログ作成

大学病院の診療報酬「劇的に改善する」―鈴木文科副大臣(医療介護CBニュース)

 鈴木寛文部科学副大臣は2月10日、東京都内で開かれた「医療政策サミット2010」で講演し、大学附属病院の今年4月からの診療報酬について「劇的に改善する」と強調した。

 鈴木文科副大臣は、大学・大学病院の支援に今年度第二次補正予算と来年度予算案を合わせて487億円が計上されていることについて、「地域医療の最後のとりでである大学附属病院は出血多量の状態。とにかく止血・輸血する方針で、政策資源を集中させた」と説明。最終調整中の大学附属病院の診療報酬については「特に入院医療の診療報酬は劇的に改善する」と述べた。

■「エビデンスに基づく報酬額の決定を」
 また、実際に必要なコストと診療報酬との間にある乖離こそが、日本の医療政策をゆがめてきたとの認識を表明。「次回の診療報酬改定は、どういう医療行為が、どれだけの人員や医療機器を投入して行われているかといったエビデンスを確定させた上で、報酬額を決定すべき」と訴えた。


【関連記事】
大学病院機能強化と人材確保対策に68億円―文科省予算案
12私大の医学部入学定員増を認可答申
医師養成体制強化で補正予算112億円―鈴木文部科学副大臣
診療報酬改定めぐる議論、政権交代で先見えず
来年度の医学部入学定員は360人増―文科省

「ダイナマイト」張り紙リュック、中身は衣類 京大病院(産経新聞)
<男性遺体>デルタ機の主脚格納スペースで発見 成田空港(毎日新聞)
石川議員に離党求める=仙谷担当相(時事通信)
浮島現象 タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)
<中医協答申>病院勤務医を重視 4月実施(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。